大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

大人ニキビとは

ニキビは、青春のシンボルといわれていました。

 

ですが、最近は20代後半や30代の人でも
「大人ニキビ」に悩む人が増えています。

 

大人ニキビとは

 

大人になってニキビができるようになった人のニキビ、
思春期からずっとニキビができていて、
大人になってもまだ続いている人のニキビのどちらも、
「大人ニキビ」といいます。

 

あまりひどい症状ではなくても、
忙しいときが続いたり、
生理前になると、ポツンとニキビできる人も多いですね。

 

多くの人は、大人になってもニキビと付き合っていくことが必要です。

 

<大人ニキビができやすい場所>

 

大人ニキビは、皮脂の出口、毛穴にニキビができます。

 

大人になってからのニキビは、
頬やあごといった「顔」、
背中や胸元などの「ボディ」のニキビに悩まされる人も多いです。

 

ニキビができる場所は、毛穴のある場所です。

 

手や足、顔にも皮膚の上のあらゆる場所に産毛が生えています。

 

毛穴は毛の出口でもありますが、皮脂の出口でもあります。

 

毛穴には付属して、皮脂腺がついています。

 

そして皮脂腺はまるでブドウの房のような構造をしており、
この中でせっせと皮脂が作られています。

 

そしてその皮脂を肌表面に出すために、
毛穴を通して肌の外へと排泄されていきます。

皮脂は肌にとって必要なもの

大人ニキビに悩んでいると、
どうしても皮脂のことを悪者扱いしてしまいがちです。

 

ですが、皮膚にとって皮脂は欠かすことができない存在です。

 

皮脂の役割

 

皮脂は、中性脂肪やワックス、コレステロールなどで構成されていて、
肌の表面に広がり、皮脂膜を作って、体内の水分の蒸散を防いでいます。

 

つまり皮脂は、角質細胞の間にあるセラミドや天然保湿因子(NMF)と共に、
肌の潤いを保っているのです。

 

さらに、体内に侵入しようとする細菌を防ぐ働きもあります。

 

皮脂が、とても優れた「天然のクリーム」と呼ばれるのは、
このような理由があるためです。

 

皮脂の役割と常在菌

 

皮脂が皮膚に侵入する細菌を防ぐとは、
一般に皮膚には存在しない細菌に対してです。

 

私たちの皮膚には、必ず細菌が存在しています。
常在菌といわれる菌たちですね。

 

そして、常在菌は、毛穴の奥にいて、
どんなに顔を洗っても落ちてしまうことはありません。

 

常在菌は、皮脂を栄養源としますから、
何かのきっかけで毛穴の出口が詰まったり、
皮脂が過剰に分泌されると、
皮脂を大好物とする常在菌が繁殖し、
肌に悪さをするために、大人ニキビができ、
炎症を起こすなどするのです。