大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

活性酸素がニキビの原因

活性酸素が肌に与えるダメージについて、
雑誌や新聞でもとり沙汰されています。

 

他の細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子の事を
活性酸素といいます。

 

酸化とは、この不安定な酸素分子と結びつくことによって、
物質が変質してしまうことです。

 

古くなった10円玉や放っておいたシルバー製品が黒ずむように、
酸化してしまうのです。

 

酸素の分子は、原子の周りを16個のプラス電子が取り巻いています。
このプラス電子が一つかけてしまっている不安定な状態を
活性酸素です。

 

不安定な酸素分子は、他の原始から電子を無理やり奪い、
自分が安定した状態に戻ろうとします。

 

電子を奪われた相手の細胞は、
逆に安定を欠いて生き残ることができません。

 

活性酸素はこのようにして、
コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

活性酸素がシワやたるみなど、
老化の原因だといわれるのはこのためです。

 

ただし、活性酸素は悪さをしますが、
肌にとって必要なものです。

 

外部から菌が侵入したときなど、
白血球は活性酸素を多量に放出し、
菌を殺そうとします。

 

炎症が起きた場合も、同じように活性酸素で
炎症の原因となっている菌を殺そうとするのです。

 

白血球は菌に対して活性酸素という爆弾を投げつけるようなものです。

 

しかし、活性酸素があまりにも多く存在すると、
本来殺すべき菌だけでなく、周りの組織まで破壊してしまうのです。

 

すると皮膚の組織まで破壊されてしまいます。

 

ニキビの場合は、炎症を起こしていると、
炎症の原因菌を殺す活性酸素が大量に集まっています。
さらに活性酸素が過剰に発生すると、
周りの組織までが破壊され、余計に炎症を悪化させてしまうのです。

 

そうなれば、ニキビ跡として残ってしまう可能性が高くなります。