大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

ストレスとニキビの関係

ストレスが肌に与える影響について、
皮膚科の領域で、注目を集めています。

 

ストレスは活性酸素を生み出し、
ホルモンのバランスに大きく影響を与えます。

 

急にニキビがひどくなったという人の中には、
環境が変わったり、急に忙しくなったという人が多いです。

 

たとえば、職場で配置換えがあったり、
責任のある仕事を任されたり、
一人暮らしをはじめたりしたとき、
思春期のころにニキビで悩んだことがないのに、
ひどいニキビになってしまったというようなことがあります。

 

これらはすべて、環境の変化からくる
精神的なストレスが原因だといわれています。

 

ストレスを受けると、細胞が生まれ変わるリズムが乱れます。

 

皮膚においては、肌のターンオーバーに影響し、
毛穴詰まりを起こしやすくなります。

 

また、自然治癒力も下がり、
炎症が治りにくくなります。

 

冷えの場合と同じように、どんな化粧品を使っても、
サプリを飲んでも、治療をしても、
なかなか効果が得られません。

 

このような場合は、そもそもの原因である
ストレスを解消しない限り、
ニキビ自体の根絶も難しいです。

 

現代社会で生活する以上、誰でも多かれ少なかれ、
ストレスにさらされています。

 

ストレスといかにうまく付き合うかがとても大切です。

 

普段からどのようなことでも話すことができる
気の置けない友人の存在は大切でしょうし、
日々のわずらわしさを忘れ、没頭できる趣味を持つのも良いでしょう。

 

いずれにしても、自分と向き合い、
解決法を探っていくことが必要です。

 

その一方で、重症のニキビの場合、
ニキビ自体がストレスになってしまうことも少なくありません。

 

ニキビがたくさんできてしまい、
顔が赤く膨れ上がってしまった状態で
人前に出るのはとてもストレスです。

 

ですから、皮膚科などを受診し、
適切な治療を受けてニキビを治療しましょう。

 

そして、にきびができてしまったときは、
そのニキビが重症化しないように、気をつけることも大切です。