大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

ホルモンバランスがニキビに関係

ホルモンのバランスは、皮脂の分泌を左右する鍵です。

 

ホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンがあり、
それぞれ、男性らしいからだ、女性らしい体を作る
手助けをしています。

 

そして、男性でも女性ホルモンを持っていますし、
女性でも男性ホルモンを持っています。

 

ただし、男性の場合は男性ホルモンをより多く持ち、
女性の場合は女性ホルモンをより多く持っています。

 

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあるため、
男性はオイリーな肌の人が多いです。

 

女性も、ストレスを受けると、体が男性的に傾きます。

 

女性の場合は、毛穴も小さく、肌も乾燥しやすいため、
皮脂の分泌が促されると、毛穴が目詰まりを起こし、
ニキビになりやすくなります。

 

仕事で忙しい女性が、急にニキビに悩まされるのは、
このような男性ホルモンの働きによるものではないかといわれています。

 

さらに、女性ホルモンもニキビと関係があります。

 

女性の場合は、生理周期の間で優位になるホルモンが異なります。

 

生理周期の前半、生理終了後から排卵日までは
卵胞ホルモンが優位になり、
肌がみずみずしく滑らかになります。

 

ですから、生理が終わった直後は、
肌の調子が良く感じられます。

 

これは、卵胞ホルモンのおかげです。

 

しかし、生理周期の後半、排卵後から次の生理までは
黄体ホルモンが優位になります。

 

この黄体ホルモンは、男性ホルモンと同じように、
皮脂の分泌を促す働きがあります。

 

生理の前になると、ポツンとニキビができるのは、このためです。

 

生理のリズムが乱れていると、
ホルモンのバランスも安定しないため、
黄体ホルモンが優位になり、
皮脂の分泌が促進され続ける場合もあれば、
ホルモンバランスが乱れることによってターンオーバーのリズムに
混乱をきたしている場合もあります。

 

健全な角質層が形成されず、
毛穴詰まりを起こしやすくなるのです。

 

このような場合で、ニキビがひどい場合、
生理のリズムを整えることによって、
皮脂の分泌をコントロールしようという目的で、
皮膚科では女性ホルモン剤を処方します。

 

メサルモンFやジオールなどといった低容量のピルもあります。

 

ホルモン剤と聞くと不安になる人もいると思います。

 

ですが、患者さんの体調を考えながら、
安全性には十分配慮して処方されます。

 

ホルモン剤以外では、漢方薬もあります。

 

漢方薬にも、生理のリズムを整えるものがあります。

 

たとえば、桂枝茯苓丸や、当帰芍薬散などです。

 

あまりにも生理のリズムが不安定な場合は、
婦人科系の病気を併発していることも考えられます。

 

ですから、婦人科での診察を勧められることもあります。