大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

太陽光線とニキビ

昔から、日に当たっているとニキビができないという説があります。

 

なぜ、日に当たっているとにきびができないのでしょうか。

 

 

太陽光線には、波長が短い順に「紫外線」、「可視光線」、
「赤外線」という3つがあります。

 

この紫外線が肌に与える影響は、
ここ数年で一般に広く知られるようになり、
近年では、冬場であってもUVケアをする人が増えています。

 

紫外線には、UVA波とUVB波があります。

 

紫外線UVB波は、主に肌の表面である表皮に働きかけ、
長時間浴びると真っ赤になるサンバーンという状態を引き起こします。

 

紫外線UVA波は、主に肌の奥である真皮に働きかけ、
長時間浴びるとコラーゲンやエラスチンを劣化させ、
シワなどの老化を起こす原因になります。

 

美容的観点においては、
紫外線を浴びることはタブー以外の何ものでもありません。

 

 

さて、ニキビに関してですが、
ニキビの原因菌として有名なアクネ菌は、
ポルフィリンという物質を持っています。

 

このポルフィリンには、
ある特定の波長の可視光線が当たると活性酸素を生み出す特性があります。

 

つまり、アクネ菌は太陽光を浴びると自らの活性酸素で死んでしまいます。

 

このようなことから、日向ぼっこをしていると
ニキビができないといわれているのです。

 

 

近年では、この現象を利用したニキビ治療器が登場し、
医療の分野でも注目を浴びています。

 

ニキビ治療を考えている人は、
皮膚科での本格的な治療を考えてみると良いかもしれませんね。