大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

ニキビをつぶしてしまったら

ニキビをつぶしてしまったら、どうしたらよいのでしょうか。

 

にきびをつぶしてしまったときには、
患部を清潔に保つことが第一です。

 

熱めのお湯で患部を洗いましょう。

 

熱めのお湯で洗うのは、
患部を清潔に保つのと同時に、
皮膚の血行を促すためです。

 

血行を促すと、皮脂組織が膨張して盛り上がってきます。
ニキビ跡がへこんでしまうのを防ぐことができます。

 

その後、マキロンなどの消毒薬を綿棒につけて、
軽く患部に塗ります。

 

あとは、自然に患部の傷口がふさがるのを待ちます。

 

ニキビが炎症を起こしているときは、
患部を絶対に触ってはいけません。

 

清潔にし、触らないことが基本です。

 

触ってしまうと炎症を悪化させることになりますし
ニキビ跡が残りやすくなります。

 

正しい洗顔をして、
毛穴の詰まりを防ぐために、保湿に心がけましょう。

 

自然に治るのをまってもよいですが、
炎症がひどいときは、皮膚科を受診し、専門医に相談してください。

 

軽いにきびの場合、市販の化粧品や
自己流のケアで治そうとする人が多いですが、
間違ったケアを行ってしまうと、
治るのに時間がかかったり、
治すどころか帰って炎症を悪化させてしまうことも多いです。

 

小さなニキビであっても、
気になるようであれば、手で触ってしまう前に
皮膚科医の診断を受けたほうが良いでしょう。

 

自分で触りまくり、つぶしたり、かさぶたをとったりして、
どうしようもなくなってから皮膚科に行っても、
ニキビ跡が残ってしまえば、皮膚の再生は難しくなってしまいます。