大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

オイリーにきびは思春期ニキビ

誰もがオイリー肌を経験する時期があります。

 

もちろん程度には個人差がありますが、
ホルモンの働きが活発になる思春期には、
誰もがオイリー肌を経験するのではないでしょうか。

 

この思春期の時期に活性化するホルモンは、
発毛を促す作用があり、
毛穴が発達し、皮脂腺も発達します。

 

ですから、皮脂の分泌も盛んになり、
肌が脂っぽく感じられることが多いのです。

 

さて、思春期のころというと、
中学生〜高校生くらいなので、
皮脂の分いつのピークもこのころだと思うでしょう。

 

しかし、実際の皮脂の分泌のピークは、
25歳くらいです。

 

ですから、本来であれば、
この25歳前後に最も肌はオイリーに傾くはずです。

 

ですが、25歳と思春期のころでは、
圧倒的に、思春期のころにニキビに悩む人が多いです。

 

20代になってからよりも、
どちらかというと10代のころのほうがニキビの悩みは強いことが多いですよね。

思春期にニキビができる理由

思春期の場合、皮脂の分泌はどんどん増えてくるのに、
毛穴の発達が追いつきません。

 

すると皮脂は出口を失い、毛穴に詰まりやすくなるのです。

 

一定期間皮脂が分泌され続けると、
その分毛穴も広がり、
20代半ば、つまり25歳くらいになるとニキビができにくい肌が出来上がっています。

 

つまり思春期ニキビの原因は、
「皮脂分泌と毛穴のバランスの不安定さ」にあるといえます。