大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

乾燥肌なのにニキビができる理由

オイリー肌の人がニキビができやすいというのは良くわかります。

 

ですが、乾燥肌なのにニキビができやすいという人もいますね。
いわゆる大人ニキビに多い肌タイプです。

 

乾燥肌なのにニキビができやすい理由は、
分泌する皮脂の量に比べて毛穴が小さい、
または目詰まりしやすくなっているからです。

 

皮脂量が多くても、毛穴が大きく、
皮脂の排泄がスムーズであれば詰まることはないので、
ニキビもできません。

 

女性に比べ、男性は皮脂の量が2.5倍ほど多いといわれています。
ですが、男性全員にニキビができるかというとそうではありません。

 

男性のほうが毛穴自体のサイズが大きいので
皮脂がスムーズに排泄されやすいため、
皮脂の多い男性であってもニキビはできにくい人が多いのです。

 

同じ人の顔でも、皮脂腺の多い部分と少ない部分がありますね。

 

額、鼻筋から頬にかけては、皮脂腺が多く、
皮脂の分泌も激しい部分です。

 

ですから、普通に考えると、この額や鼻筋にニキビが集中するはずです。

 

しかし、この部分にひどいニキビが集中することはほとんどありません。
頬、顎、フェイスラインといった部分にニキビは集中します。

 

それはなぜか・・・。

 

皮脂の分泌が盛んな部分の毛穴は大きくなり、
皮脂の排出がスムーズに行われるからです。

 

頬や顎、こめかみなどは、
本来皮脂が少ないのですが、当然毛穴のサイズも小さくなります。

 

そこに一時的にでも過剰な皮脂が分泌されると、
毛穴が目詰まりを起こしてしまいにきびになってしまいます。