大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

皮脂の出口を防ぐのは角栓

皮脂腺で作られた皮脂は、
通常毛穴という出口を通って皮膚の上に広がります。

 

ですが、皮脂の分泌量があまりにも多いと、
排出しきれず、毛穴の中にたまってしまいます。

 

また、肌が乾燥して角質が固くなったり、
皮脂と不要な角質が混ざり合い「ふた」を作ってしまうこともあります。
この「ふた」を角栓といいます。

 

さらに、毛包漏斗部という毛穴の出口の最も狭い部分に異常角化が起こると、
同じように毛穴は詰まります。

 

このようにして出口を失った皮脂は、
毛穴の中にどんどんたまります。
この状態を「コメド」といいます。

ニキビの段階と種類

ニキビの第一段階は白ニキビ

 

出口を失った皮脂によって毛穴は徐々に肥大し、
やがて皮膚表面にぷくっと膨れ上がります。

 

この状態は、医学的には、閉鎖面皰といいます。
いわゆる「白ニキビ」です。

 

白く透けて見えるのは皮脂と角質が混ざったもので、
ニキビとしては比較的初期の段階です。

 

触ると細菌が悪さをして、次の段階に悪化する可能性があるため、
気をつけなければなりません。

 

表面が酸化した黒ニキビ

 

浮き上がった皮脂が酸素に触れると、酸化することがあります。

 

酸化した皮脂は黒色を帯びるため、
これを黒ニキビ、医学的には解放面皰、または黒色面皰といいます。

 

比較的発症は少ないですが、
目立ちやすく、色素沈着の心配があります。

 

しっかりケアするようにしましょう。

 

炎症した赤ニキビ

 

さらに、毛穴にたまった皮脂を栄養源として細菌が繁殖し、
炎症を起こしたものが赤ニキビです。

 

赤ニキビは、医学的には「丘疹」といいます。

 

プクッと赤く腫れている状態の赤ニキビは、
炎症がひどくなると痛みや膿を伴うことがあります。

 

これは膿疱と呼ばれる状態です。

 

この段階まで悪化してしまうと、
スキンケアだけで治すのは難しいです。

 

自己流のケアで解決しようとすると、
あばたと呼ばれる陥没したニキビ跡を残す原因にもなります。

 

赤にきびになってしまったら、
早めに皮膚科などを受診し、診断と治療を受けるようにしましょう。

 

このように、ニキビにはいろいろな種類があります。

 

このニキビを分類した「バートンスケール」があります。

 

バートンスケールは、世界的な基準で、
皮膚科医は、このスケールに従い、
どのレベルのニキビなのか診断を下します。