大人ニキビナビ【頬、あご、フェイスラインのニキビでお困りの方向けニキビ解決法】

一般的なニキビの原因

ニキビのできる原因は、
皮脂の分泌と毛穴のつまりのバランスにあります。

 

チョコレートを食べるとニキビができる?

 

チョコレートをたくさん食べたり、
ナッツ類をたくさん食べた翌日、
ポツンとニキビができたことがあるという人は
多いのではないでしょうか。

 

残念ながら、チョコやナッツ類をたくさん食べると
ニキビができるメカニズムは解明されていません。

 

ですが、皮脂の分泌は食事と深く関係していて、
油分の多い食事を摂ると皮脂の分泌も促進されます。

 

ですから、肉類やチョコ、ナッツ、ケーキ類など
油分が多く、糖分の高いものは
ニキビができやすい環境を作ってしまうことになります。

 

ニキビができるといわれている食品は控える

 

一般的に「これを食べるとニキビができる」
といわれているような食品は、
ニキビができるのを恐れるのであれば、
なるべく避けたほうが賢明です。

 

仮に食べるとしても、ほどほどを心がけるようにするといいですね。

 

また、刺激物もおススメできません。

 

コーヒーやカレー、スパイスが効いたエスニックフードなどは、
炎症を悪化させてしまう可能性があります。

 

さらに皮脂分泌を促進する可能性もあるので、
なるべく避けましょう。

 

さらに、レトルト食品、お菓子類など添加物の多いものを食べると、
ニキビの原因になります。

 

これらのものは、身体の中で活性酸素がたくさん生じてしまいます。

 

活性酸素は、炎症を悪化させるので、
ニキビの炎症にも拍車をかけます。

 

赤ニキビに悩む人は、なるべく食べないようにしましょう。

 

バランスとのれた食生活を

 

本来であれば、3食きちんとバランスのとれた食事をとることが
ニキビのためにももっとも良い方法です。

 

ですが、忙しくて、コンビニのお弁当を食べる、
食事の時間が不規則になってしまう、
食事よりもお菓子を食べてお腹を満たしてしまうという人もいます。

 

しかし、そのような食事の仕方では、
ニキビだけでなく、身体そのものの不調を招きます。

 

レトルト食品やカップ麺をやめて、サラダを食べる、
朝食が食べられないときは野菜ジュースを飲むなど、
食事のバランスを少しずつでも整えていくことが大切です。

お肌に良い食べ物とあまりよくない食べ物

お肌に良い食べ物

 

・ヨーグルト
・野菜
・果物
・豚肉
・アセロラやアミノ酸入りのドリンク
・ゴマ
・大豆類

 

お肌にあまりよくない食べ物

 

・スナック菓子
・レトルト食品
・チョコ
・スパイス
・コーヒー
・酒
・カレー
・ナッツ類